キャンペーン

初めまして

ニキビスキンケアショップKEITOの店長、岩永恵子と申します。

ここでは、クレイとの出会いや

肌について私の思う事を自由に書きたいと思いますので

どうぞ、お付き合いください

 

ニキビ治療は皮膚科の専門分野ではありますが

お薬で治して、またニキビができたらお薬を使う・・・

この繰り返しにならないよう、普段のスキンケアはとっても大切です

 

私自身、ニキビというよりも

毛穴の黒ずみでずっと悩んでいた時期がありました

シルクの布で拭いたり、毛穴パックをしたり

酵素洗顔、スクラブ洗顔と

いろいろ試しても、悩みは解決しませんでした

 

約18年ほど前の話になりますが

独立してWEB制作を仕事にしていた頃

今、在職している会社から制作の依頼がありました

その時がクレイとの出会いです

 

クレイ洗顔の特徴を伝えるためにも

まず、自分で使てみました

それまで、いろいろな商品を使っても解決していなかったので

期待はしていなかったのですが、1か月もたたないうちに

自分なりに毛穴の黒ずみが薄くなっているのがわかりました

あきらめていただけにその変化には衝撃的でした

 

こんなすばらしい商品を早くもっと多くの方に知ってほしいと

必死でHPを作り上げました

 

そして2年後、株式会社ケイトの社員となりました

それから間もなくして、男性向けにクレイモアケイトという

商品を作ることになったのです

メーカーであるルナレーナ株式会社さんの技術提供の元

フェイシャルクレイ・スキンローション・プロテクションKの

3つの商品が誕生しました

 

恥ずかしながらパッケージデザインは私が作りました

イメージカラーは土とシルク・水の3色

インスタ映えしないのが残念ですが・・・(汗)

まぁ、中身で勝負!ということで・・(笑)

今のスタッフには納得してもらっているかな?

 

18年前から比べるとネットショップの数は

ものすごい勢いで増えました

 

「ニキビ」で検索すると

たくさんのサイトがヒットしますね

その中に、「ニキビ119」は、何番目に表示されるのかな~?

 

今、このページにたどり着いたあなたは、

検索上手かもしれませんね(^^)

 

当時はまだ「ニキビ」でヒットしていたので

アクセス数も増えて

キャッチコピーもページ上の表現も

ニキビで悩んでいる方の

気持ちをそれなりに

グッと引き寄せていたと思います

 

ところが、医薬部外品はOK!だけど

化粧品はダメ!といった薬機法によって

使用できるワードや表現が厳しくなりました

 

例えば、グリチルリチン酸2Kという成分は

肌の炎症を抑える働きがあります。

 医薬部外品はその効果を表現してもOK!

化粧品はNG!

 

じゃ、医薬部外品として、つくればいいじゃん!と

言われそうですが、化粧品という分野は

即効性がない点がある意味、

毎日使用しても、長く使用しても安心!

といった良さがあるのです

それでも

化粧品に含まれている成分が

合わないといったこともあるかもしれませんが

 

そういう方は、薬用化粧品(医薬部外品)の商品も

その成分が含まれていないか、チェックしてください

 

化粧品の成分表示は配合量の多い成分から記載されていますが

薬用化粧品は、配合量というよりも有効成分から記載されるようです

 

なので、ニキビに有効成分のグリチルリチン酸2Kや

アラントインなんかは、化粧品のほうが多く含まれていることもあるんです

 

スキンケア以外に

生活習慣やバランスの良い食事を摂ることを

提案している専門家もいますね

確かに食事やストレスによって
血液が酸性に傾くと、皮膚にもトラブルを与えてしまいます

 

ビタミンB、ビタミンC、ミネラルを含んだ

バランスの良い食事を摂る

 

糖質をなるべく控える

 

腸内環境を整える

 

禁煙、睡眠をよくとる

 

ストレスをためない、など

 

挙げればきりがありませんね

 

すべての要素をゼロにすることは

今のご時世、無理なことだと思いますが

 

過度なストレスをため込まない様、

気分転換や楽しく食事を摂るだけでも

心と体の健康につながり

結果として肌トラブルも少なくなるかもしれませんね

 

それでは、店長ご挨拶はこの辺りで。

ブログも更新しますので遊びに来てくださいね(^^♪