先ず、皮膚の構造を見ていきましょうね。

表皮の最も外側にあるのが角質層で、
平たく核のない角質細胞がミルフィーユのように10〜20層に重なっています。 

角質層は吸収性や保湿性に富んでいて、
正常な肌の状態であれば15〜20%強の水分を含んでいます。

角質細胞の中にあるNMF(天然保湿因子)
水分を保つ働き
があり角質内部の潤いを保つのに役立っています。

また角質細胞の隙間を満たしている
角質細胞間脂質(セラミド)も保湿に欠かせない物質です。

表層に近づくにしたがい細胞間に隙間ができて、ついに角片が垢となって剥がれ落ちます。

正常な角質代謝によって常にキメが整った柔らかく潤いのある美しい肌を維持できているんですね。

 

肌が乾燥する原因は?

原因はいろいろあると思いますが、外部からの刺激を受け続けて角質が厚くなってしまったことでしょう。

水分となる汗の供給量は、ほとんど一定なので
角質が厚くなったからといって水分量は増えたりはしません。

水分を含んでいる皮脂はサラサラとしていてお顔全体に薄い膜となって広がります。
ところが角質が厚くなると、毛穴にたまっていた皮脂がようやく押し出された時は
皮脂は水分を含まず濃縮されたようにトロッとしていて顔全体に均等に広がりません。

皮脂膜がまだらになり、肌はベタベタしているところ、カサカサしているところが出で
脂性乾燥肌といった不快な肌になります。

角質が柔らかくなるとサラッとした皮脂が膜を張り、トラブルが起きにくい肌に戻ります。

乾燥していると感じたら、
クレイ洗顔後に角質保水液を使用してみてください。

 脂性乾燥肌は、単に乾燥するからと言って保湿成分(グリセリン)たっぷりの
ローションは相性が悪いこともあります。

スキンローションは、グリセリンフリーなので、
付けた後しばらくするとサラサラな肌触りに落ち着きます。

白きくらげ多糖体の成分が水分保持の役目。

洗顔の後はこのスキンローションをたっぷりつけてください。

洗顔後に限らず、日中、乾燥する、
皮脂でベタベタすると感じたらこまめに保水してあげてくださいね。

単品のご購入はこちら↓


ニキビ・ニキビ痕のスキンケア3ステップから始めてみませんか?